ネトウヨおやじのダイエット奮‥あきらめ記

太るは恥だし役に立たない‥

移民愚レーション

おはようございます。そろそろダイエット奮闘記をネトウヨ奮闘記にしたほうが良さそうな気がしてきたヘヴィメタボです。別に保守色は強くないし保守思想に傾倒している訳もなく、ただ傍若無人な態度の相手を毛嫌いしているだけなのですが‥

japanese.cri.cn

その嫌っている中国の記事をソースにするというのも本末転倒ですね、まあ折角なので使わせてもらいます。その中国の先人が「過ちて改めざる、是を過ちと謂う」と遺していますが、メルケル首相って‥まさかまだ移民政策が過ちだったと思っていないのでしょうか‥?

ま、対岸の火事ですから見物しておきましょう。

同じドイツで、私が最も尊敬する政治家の一人が「愚者は経験に学び、賢人は歴史に学ぶ」と遺しています。日本はメルケル率いるドイツの結末を見て、移民について判断するのが良いでしょう。個人的には移民なんて有り得ないと思っていますが。

さて、先のドイツの政治家とは言うまでもなくオットー=フォン=ビスマルクその人ですが、彼のような外交家が日本にも欲しいものです。

目下最大の敵性国家は中国(と衛星国家)のわけですから、アメリカ側国家との同盟と、ロシア側国家との同盟をそれぞれ組んで中朝韓を孤立させるようにするような外交を見てみたいものです。

余談ですが、麻生元総理の価値観外交である「自由と繁栄の弧」は見事だと思いました。誤解を恐れず言うならば、確立していれば、中国の「一帯一路」と対をなし、21世紀版の「3B政策」と「3C政策」のような関係になったかもしれません。「3B政策」「3C政策」は侵略政策ですので、比較対象として不適切かもしれませんが、経済圏として比較してください。

あと、口先だけの平和主義なんて百害あって一利なし、あるわけがありません。これもビスマルク言を借りれば「(竹島尖閣侵略などの)目下の大問題は演説ではなく、鉄と血によってのみ解決される」とあるべきです。制限を設けるにせよ、自衛の国力は司法と同様、世論や多数決を排除すべきと考えます。

 

はい、次。移民とちょっとだけ接点がある「国籍」の問題ですね。

この政党、自衛隊の予算を増やすことには大反対しそうですねぇ‥

news.livedoor.com

多分、怒りが露わなのは日本人だと思うのですが(呆れ)

もはやネットでは散々既出だとは思いますが、どうやったら日本籍と(あるはずがないのですが)台湾籍から中国籍が取れるんでしょうねぇ。

「ネット上の不確かな情報について、産経新聞さんが確認されているということでいいですか」と怒りを露わにし、「ありえません」と断言した。

 いや、それ確認できないから公にしてくれってことじゃないんですかね‥?

私人ならプライベートの問題なので公にする必要はないというか、求めてはいけないものですが、公人なら明示する必要があるでしょう。常識的に考えれば、複数の国籍がある(特に険悪な相手)なら他方の国利を考えることは十分あり得るので、公人として不適格なのは自明の理です。

あと、日本の公人なのですから、当然娘は日本国籍なんでしょうね?名前を見るとあまり日本に愛着が無い気はするのですが、まさか日本国籍でないなんてことは‥まさかないですよね。娘は私人なのでどうせ非公開を貫くでしょうが、私には日本国籍ではない気がするんですよねぇ。

 

それに、自分が故意に違反していただけなのに「人・モノ・金が国境を越える時代にいまの法律が合わないのであれば、改正をする必要がある。民進党は先陣を切りたい」って‥まあ、その支持率で先陣を切ろうが何をしようが、所詮は蟷螂之斧でしょうね。国民の支持も受けると思っているのでしょうか?

‥あ、党内と一部の支持者にとっては嬉しいことなのですね。

正直、私は東京地検特捜部に何の価値も無いと思っている人間です。

小渕優子小沢一郎藤井裕久‥ことごとくおかしなことがあるのに、操作も何もしない。この国籍問題も動かないでしょう。

何のために、誰のお金で生きているのか分からない連中です。ま、外務省も同類ですが。